†風の行方†

現実の日々の中で感じた事、考えた事を、本音で綴って行きます…。

気が向いたら、いつでもご意見、ご感想、お怒り? 何でもWelcomeです♪

†番外編(ラスト) お疲れ様でした。(一部訂正版)†

さてと…σ(^_^;)


皆さん…。堅苦しい話にお付き合い下さり、ありがとうございます(^_^;)/


これで終わりだからね(^_^;)/

最後に…知っておいて欲しい事を…。



「税金のからくり」


俺が友達に、「お金持ちに、もう少し税金を負担してもらわないと…」と言うと…


「日本は民主主義で平等。資本主義だし、お金持ちは勝ち組。頑張ってお金持ちになったのに、その人達から税金を多く取ったら、平等じゃない。不公平だ」…。


と返ってきました…。


そこじゃないんです…。

日本の税制自体が「不平等」なんです…。


日本の税金制度では、社会保険上限制度があり、1000万円を超えたら、それ以上何億、何十億稼ごうが、社会保険料はそれ以上上がらないんです…。


だから、お金持ちや大企業は、上がらない保険料や、その他色々ある優遇制度で儲けまくっているわけです…。


しかも、その大金を…例えば有価証券として資産にすると、現金とは違い、価値変動資産のため、税金が安くなるんです。


更に、海外投資に充てると、資産は更に増え、企業は更に儲かり、その裏で最悪な事に、円がどんどん海外流出してしまう…。



日本の富裕層…。

お金持ちの総資産…知っていますか?

1000兆円を越えてるんです。

しかも、毎年お金持ちはどんどん増えているんですよ…。



金持ちは、お金を使う事で…

投資して、お金を株や証券に替えて、上がらない保険料と優遇制でどんどん儲け、増えていく…。


我々庶民は、稼げば稼ぐほど、ごっそり税金で持っていかれるから、「出来る限り使わないで貯めるしかなく、増える事はない」のが現状です…。



「お金持ちは、本当にごく一部の、雲の上に居る少数の人達でしょ?」


違いますよ…。


昔の日本は、ごく一部のお金持ちが居て、ごく一部の貧困層があり、真ん中にいっぱい「中流家庭の層」が居たわけです。


でも、今の日本は、真ん中の分厚い層の中流層がベチャッと潰れ、富裕層と一般庶民や貧困層しか居ないんです…。


「戦後最悪の不況だから、みんな周りは苦しんでいるのだから、自分だけ苦しいわけじゃないから、仕方ない」…のではなく、日本には、お金持ちがいーっぱい居るんです…。


格差社会です。



富裕層にも、稼ぎや資産に見合う納税をしてもらわないと、有り得ない国家予算の10年分のお金が…我々庶民と関わる事の無い…金庫の中で、ネットの中で眠り、海外に流れ出ているんです…。


しかも、お金持ちはどんどん増え続けているんですよ…。





トヨタ自動車社長の、2010年の年収は、3億4千万円…。

2008年の平均的なサラリーマンの年収は、約430万円…。


でも…。


所得税、住民税、社会保険。

それぞれの実質税負担率は…


トヨタ自動車社長が、20.7%。

平均的サラリーマンの税負担率は、34.6%。


サラリーマンの方が、税負担が大きいんです!よ。おかしくない?




こんな現状ですら…

あべちゃんは、「大企業が安定していれば、経済は傾かない。金銭のやり取り的にも仲良くせねば」…で、また…もう呆れて何回目か数え忘れたけど…


…また企業減税?

億万長者や大金持ちの税金を安くしようとしてます…。

訳が分からない…。




国家予算の6割、約60兆円の中の不透明な大金が…

大金持ちの資産1000兆円超えて増え続ける莫大なお金が…

私達の暮らしとは全く関係ない場所で眠ったり、動いたりしているわけです…。




自民党…アホノミクス…。


俺が支持出来ないわけがわかっていただければ、あとは皆さんで調べたり、判断して下さい。





自分や身内の不祥事は揉み消し、大金持ちを優遇し、戦争出来るように憲法を書き換え、共謀罪=平成の治安維持法で国民を監視し、少子化打開の為に若い人達が安心して子供を産める環境を後回しにし、家庭を作り、子を育てる段階で誰もが大きな負担を抱える要因=いつかは誰もが老いる、面倒を見なければいけない親=お年寄りに、保健、年金で負担を掛け、今安定している企業と、働ける若者=現役の国力だけに付け焼き刃の優遇をし…


「貧しくても、少子化にならないように、保育所無くても子供は産め、尚且つ老いた親の面倒も自分達で看ろ。戦争で戦えず、働けなくて国力にならない生保と年寄りは早く死ね」


…なんて政策を続けるあべちゃんを…





とてもじゃないけど…




俺は支持出来ません…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。