†風の行方†

現実の日々の中で感じた事、考えた事を、本音で綴って行きます…。

気が向いたら、いつでもご意見、ご感想、お怒り? 何でもWelcomeです♪

†無題。†

生産性が生きる価値ならば

その最大限の価値について

神以外の誰が優劣を決めるのだろう…。


涙の成分の化学式より

君が涙を流す訳が

君に存在する意味を与えていて

ただそれだけの単純な事実に

僕は共鳴していたい…。



未知なる無を恐れる暇無く…

ありきたりでキザなセリフを

恥ずかしげもなく吐きながら…

僕は汗をかいてペダルを漕ぐ…。



僕は汗をかいて…

歩く…。


君の為に…

走る…。



また遅刻だ…。

言い訳は無しだ…。

マシンじゃないから…

言い訳は無しだよ…。



強がっているだけなんだから…

たまには許しておくれ…。

長い付き合いなんだ…。

目を見たら全てを察してくれ…。



君にしか出来ない事があるだろ?

マシンじゃないのに…

僕が今にも壊れそうなんだから…

君にしか直せない…。


治せない…。




背骨がギシギシ鳴る…。

僕は汗をかいて眠る…。




こんなズルい夢の中なのに…

君の為に…




走る…。




僕は汗をかきながら…


もうひとりの僕の前を…




歩く…。




必死で言い訳をしたかっただけなんだ…。

君が分かってくれないから…。


僕は達観してるなんて

思った事すら無いんだ…。

そんなカッコいいもんじゃない…。

カッコ悪くていい…。


言い訳したかったんだ…。

アカデミックに証明なんて出来ないし…

哲学的に正しくもないし…

そもそもそんな大袈裟な話じゃなくて…




「ここだよ!ここにいるってば!」…。


ちゃんと気付いてくれたら…

それだけでいいんだ…。






普通に歩いてる…。

ただそれだけなんだ…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。