†風の行方†

現実の日々の中で感じた事、考えた事を、本音で綴って行きます…。

気が向いたら、いつでもご意見、ご感想、お怒り? 何でもWelcomeです♪

†どこまで自信を持てば?…†

最愛の人を失うと、今、本気で…心から愛している女性への自分の気持ちさえ、疑う時がある…。


勿論、寂しいから…なんて理由で付き合うなら、それは相手に失礼だから、俺は無いし、むしろ、そんな相手と付き合う位なら、独りで好きな事してる方がいいしね…。



でも、「思い出さない」、「完全に忘れる」って無理だから、思い出す瞬間=目の前の最愛に背いている気分になってしまう…。




「彼女と居る時に、一瞬でも思い出すなら、今の彼女への気持ちがその程度だ」っていうなら、あなたはどう?



最愛…が過去と現在に居たら、ふとした仕草に、酷似した面があっても、「アッ?」って思わない?




難しい…。

自分の誠実さって、何だろう?と思う事もあるね…。


例えば、今の彼女と別れて、一生独りでいたら、思い出に誠実で生き通せる…。


寂しいから、それが嫌なのではなく、遺志を継ぐなら…未来に生きなきゃならないんだよ…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。